ひとの集まる 無人島
そのときのマイブームを追いかけるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひたにそびえる道の駅一枚岩
ここは 和歌山県は古座川町にある 道の駅・一枚岩

itimai1.jpg

国指定天然記念物「一枚岩」の古座川の対岸にある道の駅。
写真に写っているのは、一枚岩のごく一部で、全体では、高さ150メートル、延長800メートルに達する大岸壁である。
急勾配、かつ、文字どおり 一枚の板 のように表面がフラットなので、滑り台のように滑ったらどうなるかな? とか、ロッククライミングできるかな? とか、いろんなことを想像してしまう  

そして、道の駅と一枚岩の間を流れる 古座川 を流れる水のきれいなこと、きれいなこと。

itimai4.jpg

写真だけではなく、実際にこの目で見ても、水なんて本当はないんじゃないか、と思えるくらい澄んでいる。
水底がクリアに見えるし、泳いでる魚たちだって、これでは隠れるところがないではないか!

司馬遼太郎も、この地を訪れ、詠っていた。

itimai2.jpg

  古座川の瀬々にせせらぐ瀬の音は
  神も聴きつつ 人も聴きつつ
  山も谷も 神の居ますぞ
  ゆるがせにすな 世に棲める人人
  一枚岩 ひたにそびえて セッコクの
  花の白きは遠かすみけり
  しろ磧 炎を置いて飯を食ふ


一枚岩と山々の間で響きあう、川のせせらぎ、虫の音、鳥の鳴き声・・・よくわからないモノが動く気配・・・
しばらく佇み、周囲の景色に溶け込もうと試みるも、身体の内側から畏れの念が湧いてきて、溶け込み切らない。

ひさしぶりに、司馬遼太郎の本を読んでみたくなったなぁ 

itimai3.jpg

今年の3月に道の駅に登録される前は、一枚岩観光物産センターだったことがわかってしまう看板あり。

          街道をゆく(8)新装版


道の駅トラックバックセンター

テーマ:道の駅 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ngmkw303.blog18.fc2.com/tb.php/1077-dd36266b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あっ そういえば



↓最近の記事↓



↓カテゴリー↓



↓リンク↓

このブログをリンクに追加する



↓フリースペース↓



★ハイクブログ参加してます★


★ブログランキング参加してます★




マクロミルへ登録



↓メロメロパーク↓



↓最近のコメント↓



↓最近のトラックバック↓



↓バックナンバー↓

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。